DXソリューション事例集

高知市防災政策課

つながらない!そんな時でも救助要請ができる『高知市津波SOS』アプリをリリース

高知市防災政策課

  • 分野:防災・防犯
  • キーワード:クラウド/無線通信

高知県高知市の中心部では、南海トラフ地震発生時に深刻な地盤沈降を伴い、津波の水がなかなかひかない「長期浸水」が想定されています。避難後に孤立した人々を救助するのに必要な情報を得るため、高知市防災政策課では、通信インフラが断絶した場合でもメッセージが伝達できるように、『スマホdeリレー』というDX技術を導入。『高知市津波SOSアプリ』を開発しました。

【課題】数万人の孤立が想定される「長期浸水」

2011年に発生した東日本大震災以降、日本では多くの自治体が街の防災対策について見直しをすすめてきました。高知市もそのひとつで、今後、発生が想定される南海トラフ地震対策をすすめています。

高知市の中心部では、南海トラフ地震が発生した場合、最大1.95mの地盤沈降を想定。それに伴い、津波の水が長期間引かない「長期浸水」が発生し、住民は避難後、津波の水が引くまでの長い期間、孤立してしまうおそれがあるのです。

市ではこれまでも、避難して孤立した人々が建物の屋上などに設置し、飛んでいる救助ヘリにSOSを送る『救助サイン用資機材(レスキューリクエスト)』を避難ビルに配備してきましたが、何万人もの孤立者を救助するために必要な情報をより効率よく、迅速に得る方法を検討しました。

▲避難者が屋上などに置いてヘリにSOSを伝える従来のレスキューリクエスト
▲避難者が屋上などに置いてヘリにSOSを伝える従来のレスキューリクエスト
▲過去にも津波に襲われ浸水した高知市の中心部
▲過去にも津波に襲われ浸水した高知市の中心部

【対応策】スマホのバケツリレー形式で情報を伝達

そこで高知市では約3年間の開発期を経て、2019年に『高知市津波SOSアプリ』をリリース。AppStoreやGooglePlayのアプリストアから、誰でも無料でインストールすることができる南海トラフ地震に備えた防災アプリ(※高知市域のみで利用可)です。

このアプリは、3つの機能があり、①インターネット通信が可能な場合、スマホの位置情報を使って自分がいる場所から近隣の津波避難ビルや高台への入口を検索することが可能に(津波避難ビルや高台の地図は年に一回更新)。②避難後に孤立した場合でも、避難場所や人数など必要な情報をシンプルな画面に打ち込むだけで、高知市に直接SOSメッセージを送ることができます。

そして最大の特徴は、③Wi-FiやBluetoothなど携帯電話の無線通信機能を使って、アプリがインストールされた携帯電話同士の通信を中継し、近距離にあるスマホ同士がバケツリレーのようにして救助要請メッセージを高知市に伝達していく『スマホdeリレー』という機能。これにより、電話やインターネットが通じない!という場合でも、孤立した人々が必要なメッセージを届けることができるようになりました。

一般可燃用の容量は150リットルで、80%程度たまると内部のセンサーが反応、ゴミを自動圧縮し、最大6倍の容量をためることができます。

【結果・展望】1万6千ダウンロードを突破

より多くの住民に『高知市津波SOSアプリ』をインストールしてもらうため、市では広報紙やSNS、チラシなどを使って定期的なアナウンスを重ねてきました。

その甲斐あって、現在までのダウンロード数は今年度の目標に掲げた1万6千回に到達!市民の関心の高さがうかがい知れる結果となりました。

しかし、長期浸水エリア内の住民約12万人のうち、約4万人の孤立が想定されていることから、高知市では引き続き、防災意識を高める啓発を行い、アプリのダウンロード数増加を目指しています。

ゴミ箱自体もきれいに保たれ、自慢の景観を維持